読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30年後も安心して暮らせる【失敗しない屋根・外壁リフォーム】請負人のブログ☆

雨漏りの原因特定に全てをかける【雨漏り修理専門医】が雨漏り修理の現場、またその現場で培ってきた水の流れを読む技術で塗装はもちろん20年30年後も安心して過ごせる屋根リフォーム・外壁リフォームをお届けする【失敗しない屋根・外壁リフォーム】請負人こと新潟外装の代表が書き残すブログ

外壁のお見積〜見附市

外壁リフォーム

みなさんこんばんは。

 

 

気候の方も秋めいて来ましたね!

 

朝晩は、本当に寒くなりました。

 

 

そんな本日ですが、見附市で外壁リフォームの現調に行かせていただきました。

 

 

お客様は以前に

 

市民講座『失敗しない屋根リフォーム』を受講された方です。

 

 

f:id:hiroppu112:20161014152845j:plain

金属サイディングが施工してありますが、土台水切り部が錆びてとろけています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hiroppu112:20161014152939j:plain

別の方角でもこのようになっています。

いろいろな原因が考えられますが、

サイディングの金属部と断熱部が剥離して金属の内側から錆びたのと

施工時に水切りの上に外壁を乗せている為に

水切れが悪いのが考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hiroppu112:20161014152847j:plain

外壁の中ほどで錆が出ている部分を見ますと

やはり金属と断熱材の剥離が大きな原因かと。

 

 

この金属サイディングの時代は

今とは違う断熱材が使用されており

このような現象が度々報告されています。

 

実際にリフォームとなって剥いで見ると

断熱材が何にもくっついていなく(すでに剥離)

ボロボロと落ちてくることでしょう。

 

 

剥離した隙間から錆が始まります。

 

なのでこのように表面に錆が出ているということは

金属の裏側は倍以上錆びていてもおかしくないのです。

 

 

 

これをご覧の皆さま!

ここはポイントです。

 

 

外壁の表面が錆びてきている場合は内側は倍以上錆が進んでいる場合が

多いということ!

 

 

屋根にも言えますが

 

表面から錆びているのと裏から錆びているのとでは

プロが見ると違うものですので

気になる方はご相談ください!

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
新潟県で屋根リフォーム
外壁リフォームをお考えの方、雨漏りで困っている方は専門店へ=3
~屋根・外壁リフォーム/雨漏り修理専門119 新潟外装~
〒954-0004 新潟県見附市元町2-5-45
FREE TEL: 0120-119-704
FAX: 025-333-4888
Mail: n.gaiso119@gmail.com
雨漏り修理のホームページはこちら⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎
http://www.s-metal-s-119.com
ブログはこちら→http:yanepro.hateblo.jp
YouTubeも新潟外装で検索!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

f:id:hiroppu112:20161014153901j:plain