読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30年後も安心して暮らせる【失敗しない屋根・外壁リフォーム】請負人のブログ☆

雨漏りの原因特定に全てをかける【雨漏り修理専門医】が雨漏り修理の現場、またその現場で培ってきた水の流れを読む技術で塗装はもちろん20年30年後も安心して過ごせる屋根リフォーム・外壁リフォームをお届けする【失敗しない屋根・外壁リフォーム】請負人こと新潟外装の代表が書き残すブログ

リッヂベンツで雨おさえ換気!通気層を作る。

こんばんわ。

 

今日は

 

下屋の通気について。

 

庇ともいいますか。

 

屋根が壁に当たるとこの通気です。

 

大屋根と一緒で基本的には

 

軒先から空気を取り入れ

 

雨おさえ部分から出す。

 

もちろん30mm以上の通気層を確保するように

 

屋根下地を作ります。

 

遮熱シートも敷きます。

 

雨おさえ部分も色々な製品が出ていますが

 

新潟外装では、

 

リッヂベンツを使用します✨

 

f:id:hiroppu112:20160916223938j:image

 

これで1階部分の屋根裏環境の改善や暑さ対策に

力を発揮します。

 

みなさんも2階の屋根ばかりでなく、

 

1階部分の屋根も換気を考えましょう✨