読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30年後も安心して暮らせる【失敗しない屋根・外壁リフォーム】請負人のブログ☆

雨漏りの原因特定に全てをかける【雨漏り修理専門医】が雨漏り修理の現場、またその現場で培ってきた水の流れを読む技術で塗装はもちろん20年30年後も安心して過ごせる屋根リフォーム・外壁リフォームをお届けする【失敗しない屋根・外壁リフォーム】請負人こと新潟外装の代表が書き残すブログ

銅板屋根は焼き瓦との相性が悪いのです。

みなさんこんばんは。

 

 

今日は見附市で屋根に穴が空いているとの事で行ってまいりました。

 

 

f:id:hiroppu112:20161007104328j:plain

こちらは雪止めアングルのサビは移っていますが穴は開いていない模様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hiroppu112:20161007104335j:plain

ありましたありました!

一箇所大きな穴が空いています。

 

原因はその上の雨樋が詰まっていて

穴が空いた部分に雨が長年落ちた事によるものでした。

 

しかし自然の力は凄いと言いますか、

屋根に雫だけで穴を開けるんですからね〜

 

まぁ石の上にも〜年とか言いますし年月の力は凄いということでしょうか?

 

 

そもそも瓦と銅板は相性が悪くて知られています。

 

 

ほぼ100パーセント瓦の成分を含んだ雨水が銅板の上に直接垂れる場所が

あれば穴が空いて雨漏りしています。

 

過去に何十件も見てきました。

 

 

 

 

f:id:hiroppu112:20161007105352j:plain

こちらもそうです。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hiroppu112:20161007105349j:plain

瓦からの雨水が銅板に穴を開けていました。

先ほどみたいに落差はないですが、穴は開くんですね!

 

こちらも谷を入れ替えします。

 

今度はステンレスがいいでしょう!

 

 

これを見ている銅板屋根のお宅の方!

 

要チェックですよ〜

 

 

診断依頼も承っていますので

お気軽に

0120-119-704まで!

 

 

では!