読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30年後も安心して暮らせる【失敗しない屋根・外壁リフォーム】請負人のブログ☆

雨漏りの原因特定に全てをかける【雨漏り修理専門医】が雨漏り修理の現場、またその現場で培ってきた水の流れを読む技術で塗装はもちろん20年30年後も安心して過ごせる屋根リフォーム・外壁リフォームをお届けする【失敗しない屋根・外壁リフォーム】請負人こと新潟外装の代表が書き残すブログ

街中でみる色々な業者〜塗装編〜

塗装のこと 日常の事

こんにちは!

 

新潟外装の齊藤です!

 

本日は、ふっと街中で車を走らせている時に見た現場を比較してみます。

 

車を降りて、いろいろ聞いたわけではありませんので、私の察する見解です。

 

偉そうにするつもりもありません(汗)

 

住宅の塗装ですが、仕上がりは然程違いはわからないものです。

塗りたてならなおさら!

 

ですが今回はしっかりと下処理をしてあった現場といつの間にか終わっていた現場が

あったので話題にしてみました。

 

どちらも毎日通るのでどんな工程かわかります(笑)

 

ひとつは金属サイディングでしっかりと全面ケレン(あしつけ)されていた現場。

もうひとつはいつの間にか下塗りが始まっていた現場。しかも一気に。

洗浄もしたのかしないのかわかりませんでした。屋根も!

 

契約内容などがわからないために一概にいえませんが、手の込んだ業者と普通の業者に分かれて見えました!

 

手の込んだ業者さんのようにしてもらえればお家もお施主さまも大満足でしょう!

たとえそれが多少高くても・・・。

 

せっかく足場を組んで何十万もかけるわけですから、適当な表面塗装はしてはいけません!一回の工事でどれだけ長持ちさせられるか。

 

私どもも常にそう考えて邁進していきたいと思いました。

 

ぜひお見積もりをされる前に業者の方とたくさんお話ししてみてください!

失敗が避けられる確率があがります。

 

セカンドオピニオンとして新潟外装を頼っていただいてもOKです!