読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30年後も安心して暮らせる【失敗しない屋根・外壁リフォーム】請負人のブログ☆

雨漏りの原因特定に全てをかける【雨漏り修理専門医】が雨漏り修理の現場、またその現場で培ってきた水の流れを読む技術で塗装はもちろん20年30年後も安心して過ごせる屋根リフォーム・外壁リフォームをお届けする【失敗しない屋根・外壁リフォーム】請負人こと新潟外装の代表が書き残すブログ

強風により外壁めくれる!

おはようございます!

 

 

先日、長岡市のある工場にお邪魔してきました。

 

どうやら強風によって外壁がめくれたらしいです。

 

 

現場に行くとブルーシートで養生がしてありました。

 

 

下地の石膏ボードからやりなおしとなりそうです。

 

 

f:id:hiroppu112:20160516095938j:plain

f:id:hiroppu112:20160516095940j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:hiroppu112:20160516101035j:plain

屋根の上も登ってみたら瓦棒屋根の棟の板金が飛んで無くなっていました。

これもきちんとお伝えしました。

 

雨漏りの原因になりますね!

 

この様に屋根の上は点検してみないとわからないものです。

 

ほかの飛んでいない部分に関しても昔の釘で固定してありますので

グサグサでまたいつ飛ぶかわからない状態なので

全部ビスで固定し直します。

 

とんで通行人や車に当たったら目も当てられません!

事前の対処が必要です。

 

 

 

 

f:id:hiroppu112:20160516101302j:plain

 

 

f:id:hiroppu112:20160516101313j:plain

 

 

 

f:id:hiroppu112:20160516101321j:plain

この様に雨樋のパイプも無くなっています。

 

 

 

 

 

 

f:id:hiroppu112:20160516095931j:plain

軒樋も全部無くなっていますので

表と裏

両面取り付けます。

もちろん縦も変えます。

 

 

 

建物というのはメンテナンスが非常に重要です。

大惨事になる前に点検しましょう!

 

 

高所が苦手な方はご相談ください。

 

 

それでは!