読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30年後も安心して暮らせる【失敗しない屋根・外壁リフォーム】請負人のブログ☆

雨漏りの原因特定に全てをかける【雨漏り修理専門医】が雨漏り修理の現場、またその現場で培ってきた水の流れを読む技術で塗装はもちろん20年30年後も安心して過ごせる屋根リフォーム・外壁リフォームをお届けする【失敗しない屋根・外壁リフォーム】請負人こと新潟外装の代表が書き残すブログ

品川区 屋根カバー工法で屋根リフォーム①

こんにちは〜

 

 

 

新潟外装です。

 

 

 

品川の現場屋根カバー工法で屋根リフォームした現場をご紹介します。

 

 

 

 

 

f:id:hiroppu112:20160122184903j:plain

工事前がこちら〜

 

 

 

 

 

 

f:id:hiroppu112:20160122185014j:plain

足場を組み、カラーベストの上に粘着ルーフィングを貼っていきます。

使用したのは、タディスセルフカバーという

粘着型改質アスファルトルーフィングです。

 

 

 

 

 

 

f:id:hiroppu112:20160122185242j:plain

急勾配なので職人さんは、かなり手こずっていたようです(笑)

 

 

 

 

 

 

f:id:hiroppu112:20160122185302j:plain

途中からは緩勾配になり、楽になったと言っていました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hiroppu112:20160122185422j:plain

ケラバ部(屋根の端)に木下地を打ちます。

 

 

 

 

 

 

f:id:hiroppu112:20160122185430j:plain

反対側も。

 

 

 

 

 

 

f:id:hiroppu112:20160122185442j:plain

そして新しい屋根材を下から葺いていきます。

この作業も急勾配なので2人がかりでしていました。

普段は1人で十分です。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hiroppu112:20160122185455j:plain

葺き上がってきました。

 

 

 

 

 

f:id:hiroppu112:20160122185742j:plain

もうすこしで緩勾配です!

 

 

 

 

 

 

f:id:hiroppu112:20151208164509j:plain

しかーし、ここで本日の作業は終了です。

次の日の様子はまた次回お伝えします。

 

 

 

 

 

屋根カバー工法は古い屋根材を

撤去する手間や費用がかかりませんので安く抑えることが出来ますし

工期の短縮になります。

 

 

 

しかし、古い屋根材を剥ぐわけではないので、下地が痛んでいてもわかりませんし、

下地の補修もできないわけです。

 

 

なので全部の家にカバー工法が通用するわけではありませんので、

専門家によるチェックが必要です!

 

 

 

間違った選択をしてしまうと、取り返しのつかないことになってしまいます!

屋根の劣化を促進してしまいます。

 

 

 

みなさん失敗しないためにも屋根の専門家に一度きちんと

みてもらいましょう!

 

 

 

お気軽に

新潟外装までお問い合わせください。

 

 

それでは〜

 

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
新潟県で屋根リフォーム
外壁リフォームをお考えの方、雨漏りで困っている方は専門店へ=3
~屋根・外壁リフォーム/雨漏り修理専門119 新潟外装~
〒954-0004 新潟県見附市元町2-5-45
FREE TEL: 0120-119-704
FAX: 025-333-4888
Mail: n.gaiso119@gmail.com
雨漏り修理のホームページはこちら⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎
ブログはこちら→http:yanepro.hateblo.jp
YouTubeも新潟外装で検索!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆