読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30年後も安心して暮らせる【失敗しない屋根・外壁リフォーム】請負人のブログ☆

雨漏りの原因特定に全てをかける【雨漏り修理専門医】が雨漏り修理の現場、またその現場で培ってきた水の流れを読む技術で塗装はもちろん20年30年後も安心して過ごせる屋根リフォーム・外壁リフォームをお届けする【失敗しない屋根・外壁リフォーム】請負人こと新潟外装の代表が書き残すブログ

なんのために塗装するのか?①

みなさまこんばんわ〜

新潟外装 代表の齊藤ひろしです。

 

今日は栃尾の軽井沢へ瓦補修に伺っていましたが、15:30くらいに

ポツポツと雨が当たってきたと思ったら、一気に

ザーーーー!!

 

っと来ましたよ、軽い夕立が!

その頃は防水シートを貼ってあったので雨漏りの心配はありませんでしたが、

少しひやっとしました。

 

こういう時ばかり天気予報は当たるんですよね!

 

そんな本日は

 

なんのために塗装するのか?

 

というテーマでパート1を書いてみます。

 

 

まず塗装には大きく分けると3つの役割があります。

① 見た目

  要は外観の好みだったり、地域性、あとは汚れてきたから等が挙げられます。

 

② 機能性

  こちらは今流行りのセルフクリーン的な汚れを雨や光触媒が落としてくれると

  いったものや、遮熱効果、断熱効果、消臭や防カビといったところでしょうか?

 

③ 最後は建物の保護の役割

  ①や②とは根本的に違って、建物を長持ちさせるためにする塗装です。

 

③以外はさほど緊急性や重要性はなく、どうしても今すぐに工事を行う必要はありません。しかし、③に限っては全く別の考えをしなくてはなりません。

 

 

住宅にとって1番の大敵は

 

水や湿気です!

 

雨漏りは屋根だけでなく外壁からも発生します。

当然雨水や湿気が貯まれば、住宅の躯体部分が腐食してしまい

大切な住宅の寿命を縮める事となります。

 

そうなる前に手を打って住宅を保護しようというのが③の考え方です。

間違いなく保護の観点で塗装を施していけば、住宅の長寿命化につながります。

 

現に日本の住宅の平均寿命は30年。

アメリカ55年、イギリス77年といった欧米諸国には到底及ばぬ年数となっています。

 

昨今、政府も住宅の長寿命化に力を入れていて色んな施策や補助金などもあります。

長期優良住宅とか聞いた時ありませんか?

 

なので私たちも

ただ汚くなってきたから塗る

痛んで来たから塗る

等といったスタイルを止めて

住宅の保護の観点から塗装工事を考えなければいけない時代になってきたのです。

 

早い方や勉強家の方はもうそのスタイルになっています!

これを読んでいる皆さんも時代の波に乗り遅れないようにしましょう!!

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
新潟県で屋根リフォーム
外壁リフォームをお考えの方、雨漏りで困っている方は専門店へ=3
~屋根・外壁リフォーム/雨漏り修理専門119 新潟外装~
〒954-0004 新潟県見附市元町2-5-45
FREE TEL: 0120-119-704
FAX: 025-333-4888
Mail: n.gaiso119@gmail.com
雨漏り修理のホームページはこちら⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎
http://www.s-metal-s-119.com
ブログはこちら→http:yanepro.hateblo.jp
YouTubeも新潟外装で検索!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆