読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30年後も安心して暮らせる【失敗しない屋根・外壁リフォーム】請負人のブログ☆

雨漏りの原因特定に全てをかける【雨漏り修理専門医】が雨漏り修理の現場、またその現場で培ってきた水の流れを読む技術で塗装はもちろん20年30年後も安心して過ごせる屋根リフォーム・外壁リフォームをお届けする【失敗しない屋根・外壁リフォーム】請負人こと新潟外装の代表が書き残すブログ

長岡市 工場外壁角波張替え〜

コーキング(シーリング)の事 外壁リフォーム

みなさまこんばんわ!

間が空いてしまいました。

 

いやー、マジでブログとyoutubeに割く時間がなくて更新できていませんw

 

頑張らなければ!!!!

 

今日は朝から暑かったー

ですよね??

 

5分屋根に登ってればもう汗だくだくで。

 

あ、そーいえばだくだくで思い出しましたが、

すき家に行くとつゆだく頼みますよね?

あと僕は2辛トッピングするんですが、

 

なんと!1辛とか2辛が販売終了になってました・・・

 

残念無念・・・。

 

 

 

なぜに?

 

 

 

まぁいいか(笑)

 

 

 

久々に現場の紹介を!

 

 

f:id:hiroppu112:20150707085240j:plain

 

 

長岡市のとある工場様の外壁をリフォームさせていただきました。

 

f:id:hiroppu112:20150707100356j:plain

こんな感じで外壁剥ぎまして、

 

 

 

f:id:hiroppu112:20150707151826j:plain

今回は使用していなかった窓を塞ぎました!

 

 

f:id:hiroppu112:20150706100459j:plain

 

f:id:hiroppu112:20150706180207j:plain

 

 

f:id:hiroppu112:20150707181710j:plain

 

 

f:id:hiroppu112:20150708113606j:plain

 

 

 

f:id:hiroppu112:20150709141135j:plain

 

 

 

f:id:hiroppu112:20150709165233j:plain

 

 

後は、細かいところをコーキングして終了です。

 

今回は0.35mmのガルバリウム鋼板を使用しました。

現在私たちの近郊は0.27mmと0.35mmを使用する業者に分かれるみたいです。

0.27mmは軽いし施工性は0.35mmよりも良さそう。切るのも簡単だし。

ただ耐久年数が0.35mmより短いかな。

単価はさほど変わりませんので適材適用がよろしいのではないでしょうか?

 

数年で壊してしまう車庫や物置などは0.27mmで十分ですし、長く使用するつもりなら

0.35mm以上をお勧めします。カラーバリエーションも豊富ですし、グレードも幅広いです。

業者さんに聞いてみると良いでしょう!良いアドバイスをしてくれるはず!

 

いまエアコンの無い部屋で汗かきながらこの記事を書いています。

そろそろエアコンのところに戻ろうかな?(笑)